弁護士の仕事内容

弁護士の仕事といって何をしているか詳しく分かる人はいないのではないでしょうか。ほとんどの人が法律や裁判の難しい仕事をしていると思っている人が多いです。では、実際はどのような仕事をしているのかというと、法律家の専門として様々なトラブルに対しての予防方法やアドバイス、法的手続きを行い問題を解決するお仕事をしています。人は生きていくうえで何らかのトラブルに合う可能性は誰にでもあります。そんな人々のトラブルを法的に手助けして解決するというのが主な仕事です。そして、具体的には人と人、または会社など法人によるトラブルを解決する「民事事件」をメインとして扱っている弁護士が多く、国家が犯罪を取り締まる「刑事事件」を扱う事はあまりありません。

相談に来るトラブルに関して多いのは金銭の貸し借り、相続問題、離婚、不動産の賃貸権、交通事故、医療過誤、住宅に関するトラブルなどがあります。お客さまが相談しに来たトラブルに対して和解や示談の交渉、訴訟、不服申し立てなどの法律的な仕事を行ないます。トラブルが大きくなると当事者同士ではなかなか解決が付かず、それよりも悪化したり一方だけが泣き寝入りするという事は実際にあります。そこで、弁護士は依頼人の立場に立ち、法律的に解決に導くという仕事をしています。あまりないですが、刑事事件で依頼がきたときは弁護士は犯罪を犯し、被疑者、被告人となった人に対する弁護活動を行なうのが仕事です。生活の中で起こったトラブルを法律に則って解決するのが弁護士の仕事になります。