相談時にかかる費用

債権回収といっても民事調停、支払い最速、訴訟、少額訴訟などを通じて債務名義を取得しなければいけません。まず、法律相談をするだけで費用がかかります。だいたい30分ごとに5,000円程度の費用が発生します。その後も相談事に1時間単位で費用が発生します。そして、着手金で内容証明郵便による請求が1通32,400円、支払い催促費用が1件54,000円、訴訟は1件64,800円、仮差押が54,000円、強制執行が1件54,000円になっています。そのほか回収できた金額に応じて成功報酬も発生するので意外とお金がかかり、債権回収をして相手からお金が戻ってきたとしても弁護士費用でなくなってしまうという事は良くあることです。

このように考えると債権回収の額が高額になればなるほどメリットが大きくなりますが、100万円未満のケースでも十分に経済的なメリットを得る事が出来ます。そのため、選ぶ弁護士事務所はどこでも良いのではなく債権回収に強い弁護士を探すのがスムーズに解決する秘訣ですし、経済的なメリットが出来るだけ多くなる秘訣です。債権回収で悩んでいる人は是非、弁護士に相談して問題をスムーズに解決してください。弁護士事務所選びをする事が素早く解決する秘訣なので評判や口コミをしっかり調べてから相談しましょう。