相談時にかかる費用

債権回収といっても民事調停、支払い最速、訴訟、少額訴訟などを通じて債務名義を取得しなければいけません。まず、法律相談をするだけで費用がかかります。だいたい30分ごとに5,000円程度の費用が発生します。その後も相談事に1時間単位で費用が発生します。そして、着手金で内容証明郵便による請求が1通32,400円、支払い催促費用が1件54,000円、訴訟は1件64,800円、仮差押が54,000円、強制執行が1件54,000円になっています。そのほか回収できた金額に応じて成功報酬も発生するので意外とお金がかかり、債権回収をして相手からお金が戻ってきたとしても弁護士費用でなくなってしまうという事は良くあることです。

このように考えると債権回収の額が高額になればなるほどメリットが大きくなりますが、100万円未満のケースでも十分に経済的なメリットを得る事が出来ます。そのため、選ぶ弁護士事務所はどこでも良いのではなく債権回収に強い弁護士を探すのがスムーズに解決する秘訣ですし、経済的なメリットが出来るだけ多くなる秘訣です。債権回収で悩んでいる人は是非、弁護士に相談して問題をスムーズに解決してください。弁護士事務所選びをする事が素早く解決する秘訣なので評判や口コミをしっかり調べてから相談しましょう。

債権回収の相談も可能

弁護士は法律で解決するのが仕事と思っている人が多いですが、債権回収の相談にも応じてくれます。法律の専門家ですので万が一、訴訟、強制執行など法的に債権回収をすることになっても弁護士ならば代理人として法廷に立つことも可能なのでスムーズに解決してくれるでしょう。また、債務者に返済能力があるのになかなか回収できない場合は、相手はあなたに対して「返さなくてもいい」という態度でいます。しかし、ここで弁護士に依頼して対応してもらえば「本気で回収しているんだな」とプレッシャーを与え、相手をびびらすことが出来るでしょう。今まで返す気がなかった人が弁護士が出てきたら手のひらを返すように返してくれたというのは本当に良くあるケースです。そして、債権回収に対して知識のない素人同士だと何をするにも時間がかかってしまいます。ですが、弁護士ならスムーズに問題解決してくれるので本人同士の負担も減らす事が可能です。

そして、金銭などの問題は当人同士で解決しようとするとさらに事態がややこしくなる可能性があります。そこで弁護士を代理人として解決したら円満にあっさり解決する事が多いので債権問題で悩んでいる人は弁護士に相談した方がメリットが大きいでしょう。積極的に弁護士に頼んでみましょう。

弁護士の仕事内容

弁護士の仕事といって何をしているか詳しく分かる人はいないのではないでしょうか。ほとんどの人が法律や裁判の難しい仕事をしていると思っている人が多いです。では、実際はどのような仕事をしているのかというと、法律家の専門として様々なトラブルに対しての予防方法やアドバイス、法的手続きを行い問題を解決するお仕事をしています。人は生きていくうえで何らかのトラブルに合う可能性は誰にでもあります。そんな人々のトラブルを法的に手助けして解決するというのが主な仕事です。そして、具体的には人と人、または会社など法人によるトラブルを解決する「民事事件」をメインとして扱っている弁護士が多く、国家が犯罪を取り締まる「刑事事件」を扱う事はあまりありません。

相談に来るトラブルに関して多いのは金銭の貸し借り、相続問題、離婚、不動産の賃貸権、交通事故、医療過誤、住宅に関するトラブルなどがあります。お客さまが相談しに来たトラブルに対して和解や示談の交渉、訴訟、不服申し立てなどの法律的な仕事を行ないます。トラブルが大きくなると当事者同士ではなかなか解決が付かず、それよりも悪化したり一方だけが泣き寝入りするという事は実際にあります。そこで、弁護士は依頼人の立場に立ち、法律的に解決に導くという仕事をしています。あまりないですが、刑事事件で依頼がきたときは弁護士は犯罪を犯し、被疑者、被告人となった人に対する弁護活動を行なうのが仕事です。生活の中で起こったトラブルを法律に則って解決するのが弁護士の仕事になります。